新築の住宅での暮らしでは、新しい生活が始められます。


ただし、新居に暮らす前には、建物の価値を維持するための対策を立てたほうがいいです。
特に、新居にフローリングの床がある場合には、その光沢の美しさを維持するための対策を立てておくべきです。


フローリングの床で心配であるのが、床が傷ついてしまうことです。



木材の床は、表面を擦ってしまうことで簡単に傷がついてしまいます。
そこで、フロアコーティングでしっかりと床を保護するのが、フローリングの価値を維持する効果的な方法です。

フローリングの表面に対し保護層を形成することにより、床を傷から守る効果があります。



家具を運び込む前には、コーティングの施工は行っておくべきです。

フロアコーティングのためのコストはかかるものの、その後フローリングの良さを維持できる事を思えば、施工しておくだけのメリットが十分にあります。



せっかくの新居で、床が傷ついてしまう事を恐れてリラックスできないのは問題であり、精神的な負担からも解放されます。

新居に移り住み数十年に渡って住宅に暮らし続けてみて、まず始めにコーティングを施工しておいて良かったと思えます。

また、住宅をリフォームする機会には、フローリングをコーティングする施工についても、リフォームプランの中に入れておく価値があるものです。美しくなったフローリングの床面を眺めていると、フロアコーティングのリフォームをしてよかったと確かな実感が得られます。